top of page

【10月6日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載、原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳、ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 色とりどりの雲を背景に昇る朝日が、空高く浮かぶ白雲を綺麗に映し出している。

 北京、晴れ、最高気温18度、最低気温4度、大気質予報指数24、空気が優れている。

 一昨日、亮馬河一帯の国際的なウォーターフロントを訪れ、今日は車で40キロ、懐柔区の橋梓鎮にある上王峪村を訪ねました。

 住民人口200人足らずの小さな山村で、村の前には上王峪ダムがあります。ダムには多くの北国の鯉が生息しており、煮込み魚鍋料理は上王峪村を有名にしました。 昌平・順義の3区の接点に位置し、慕田峪長城に近いことも相まって、北京市内から車で訪れる観光客も少なくありません。

 村は山と水を背にしており、大きな農地は見当たらない。 でも、ロッジや農家がたくさん並んでいます。 もう一つの特徴は、村内にいくつかのインターネットカフェがあることで、その中でも最も有名なのが「峪園美落coffee&tea」です。

 上王峪村は本当に小さな村落、南北方向と東西方向の道路が一本ずつ、10分もかからずに、村落を散策してすべての村人とその家を知ることができるのです。

 峪園美落coffee&teaは山の中腹にあり、店内にテーブルと席はあまりない、楽しみは店主が山の裏斜面を切り、そこに喫茶テーブルとパラソルを置く、丘に座って村全体を眺めながら、スマホを取り出して、SNSにある自分の世界でのんびり過ごすことができます。

 村内には多くのB&Bや農家レストランはまだ営業を一時中止しています。 広々としたテーブル、ゆったりとした堂々としたソファー、バーの後ろの背の高いワイン棚が、この場所の過去の栄光と繁栄を物語っています。 残念ながら、旅行や食事ができない理由はご周知のとおり、農家の人たちが一から苦労して築き上げたレストランやホステルを閉鎖せざるを得なくなったのです。

 唯一営業しているのは、上王峪ダムの隣にある「レイクサイドハウス」というレストランで、食事も宿泊もできるので、コロナ禍の影響を免れた幸運な店のひとつといえるでしょう。

 この店の看板料理は、北方の山東料理の特徴である煮込み鯉鍋です。生臭さを消すために塩と醤油を一緒に入れ、かなりしょっぱい魚の煮込みに仕上げています。一緒に注文した豆腐とネギの炒めと茄子炒めは地元の食材を使い、素材のバランスも良いので、とてもさっぱりしていて食欲をそそります。

 レイクサイドハウスでたまたま、ある面白いグループ客に出会いました。かつて国営の大工場の同僚だった定年退職した男女が、10月の連休に一緒に旅行しているところです。

 料理は安いためか、彼らはこの大きなテーブルに載せきれないほどのたくさんの料理を注文し、そして、とても大きな声で叫んでいるように談笑していました。「ラムは焼肉よりネギと炒めたほうがおいしい」、「白酒は1日200MLがちょうど良い」、「この年齢は旅行しまくるべき、金を病院のために使うかそれとも自分の健康のためにつかうか」どうも難解な哲学の問題まで議論されていましたね。

 どんな組織にもリーダーがいるように、このグループにもリーダーがいて、何度も我々のテーブルに来て私たちが何を食べているのかを見ていました。 友達を作りたいのかなと思ったのですが、聞いてみるとそうでもないみたいです。彼らは前夜からここに泊まっているので、料理を優先的に提供されるべきだと思い、私たちのテーブルに先に食事を出すことになったので、自分たちの食事が遅れることを恐れていたのです。 その後、この男は奥の厨房に割り込んできて、注文の有無にかかわらず、作られた料理をどんどん自分たちのテーブルに自分で運んだのです。

 仲間も、間違った料理を出されたのは自分の責任ではないと思っているかもしれないが、どんな料理が来てもあわててまず自分の取り皿に取って口に入れる、これは北京の原住民の人たちの論理かもしれません、帝都の根っこにいる人たちは、誰を恐れているのだろう?

 レイクハウスで美味しい食事をした後、私は村の中をぶらぶらと歩き続けました。 そこで見つけたのが「社会保障の掲示板」で、生活に困窮している家庭に支給される手当の内容が詳しく書かれていました。 この社会保障委員会は、村のハイライトの一つだと思います。開かれた行政運営、社会正義の保障、都市部でもこれは無理かもしれませんね?

 神様が早く目を覚まして、都市と農村の観光が一日も早く全面的に開放され、上王峪村のB&Bや農家レストランやカフェがお金を使いに来る人でいっぱいになることを心から願いながら、午後4時にこの清潔で美しい村を後にしました。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page