top of page

【10月5日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載、原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳、ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 この日も東から太陽が昇り、澄み切った青空を映し出す美しい日だった。

 北京、晴れ、最高気温18度、最低気温4度、涼しいですねー。 大気質予報指数は22で、空気はとても綺麗です。

 昨日、亮馬河沿いの風景を2セットタイムラインで投稿したところ、思いがけず多くの「いいね!」がつきました。 毎日朝に書いている「おはよう, 北京」をはるかに超える反響がありました。

 また、かつて亮馬河沿いに住み、現在は帰国している外国の友人からも、写真に写っている建物の名前や、亮馬河を懐かしむ声が中国語で寄せられました。

 実は、北京には川や湖がとても少ないです。 初期には太平湖や堀があったが、首都になってからは埋めたてられたり、覆われたりしていました。 そのため、北京にとって河川はますます貴重なものとなっています。

 亮馬河は全長9.3km、流域面積は14.25平方kmと言われています。東直門外小街を起点に、ダウンタウンでは地下河川で、市内を通て東北堀とつながっています。1978年以降、この川は数回整備され、現在、亮馬河の市内を流れているエリアは国際的なウォーターフロントとして扱われ、崑崙ホテル・ウェスティンホテル・ケンピンスキーホテル・フォーシーズンズホテル・亮馬河ホテル・光明ホテルなどの多くの国際ホテルや、中信大厦・発展大厦・亮馬河大厦・光明大厦などの多くのオフィスタワー、燕莎とSOLANA藍色港湾という2大繁華街もあり、下流域は排水機能を持つ川になります。

 伝説によると、昔、遠方から来た商人が亮馬河のほとりで馬を水で洗い、濡れた馬は河岸の両脇に寝転んだり、立ったりして体を乾かしたりして、この川も「晾(干す)馬河」と言われ、やがて、美しい言葉を好む都の人々は、この川の名前を同じ発音の「亮馬河」と書き記すようになりました。

 先ほども申し上げたように、この川沿いには国際的なホテルやオフィスビルが数多く建設され、大きな国際コミュニティが形成されています。 朝陽公園の水辺と密接に結びついたヨーロッパ風のSOLANA藍色港湾は、北京の人々がショッピングに出かけるのに最適な場所の一つです。

 いわゆる北京旧市街は、二環路の中にあるダウンタウンを指します。二環路は、もともとの古代都市の城壁の上に作られたものだからです。この亮馬河流域は1980年代に開発されたばかりなので、新しく国際的な大規模な富裕層コミュニティを形成していました。

 私は彼らと同じ学校に通ったが、個人の長所や能力、努力が違うため、彼らは外資系銀行や外資系企業にしぼったので、亮馬河のほとりで生活を楽しむことができました。毎日、梁山河の朝焼けと夕焼けをSNSに投稿し、さらにコーヒーにケーキを画面に映し、その景色は息をのむほど美しかったです。

 私は北京の北西部の荒涼とした枯れた土地で育ち、今も小麦畑や果樹園の隣に住んでいます。 昨日、裏の建物のおじさんにばったり会って、今私が住んでいる建物は、その昔、海淀区東昇郷太平村のお寺だったことを教えてくれたんです。 その後、不動産開発と住宅建設のために、お寺は取り壊されました。あ~、もったいない。

 東の花と緑を見るのは、いつも楽しみです。 昨日は好天に恵まれ、恥ずかしながらSOLANA藍色港湾にしけ込みました。SOLANAの北側には、ちょうどフリマをやっており、車を止め、トランクを開けて中にたくさんの手工芸品を並んでいます。店主はスマホを見るのが大好きで、客を呼び込むなんかもしません。お客さんが「これはいくらですか」と聞いたときだけ、店主は無関心に値切ります。 北京のおじいちゃん、おばあちゃんもビジネスでは無礼講なんですねー。

 SOLANAの中には人出で賑わっていました。午後2時、ダイ族料理のレストランの外では、まだ食事を待つ人がたくさんいました(写真4)。 店も広場も人でごった返し、一番多いのはテラス席のあるオープンカフェに座って騒いでいた人たちです。「夜の12時に家にいないのに、誰といるのかも言わないのか!」、「同僚と飲んで、ちょっとハイになって、しばらくして帰宅したところなのだそうです。」そんな夫婦(?) 会話を聞いていると、おもしろいと思いませんか?

 北西部の農民がイーストサイド・インターナショナル・コミュニティにやってくると、どうしても踏ん切りがつかないことがあるんです。 まずは定番のイタリアン、次に湖畔でティラミスなどのアフタヌーンティー、そして夜は若者たちの流れに従って「Weightless」というインスタ映えのレストランに押し掛けました。 レールで料理が運ばれるのは特徴で、気づかないうちに、またイルメニアスモークポークチョップを食べていました。

 家に帰ったら、酸欠でずっと吐き気がして、胃薬を飲んでも効かなかったんです。

 ベッドに腰掛けて4つの枕に背中を預けると、吐き気が治まりました。 私はベッドで横になりながら、「人はどれだけ家から出て買い物をしたり、集まったり、太陽の光を楽しみたいと思っているのだろう」と考えました。 これこそが、人々が良い人生に求めるものなのではないでしょうか。 自由に、気ままに出会ってもらうことを目標にすべきではないでしょうか。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page