top of page

【10月10日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載、原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳、ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 一昼夜、突風が吹き荒れ、青空が晴れ渡った。

 北京、晴れ、最高気温18度、最低気温3度、予報指数15、大気質良好。

 中国自動車販売協会の年次総会が11月3日から5日まで珠海市で開催されます。 この1年はどの業界にとっても厳しい年でしたから、特に来年を見据えることが重要です。

 新エネルギー車だけをとってみても、1月から9月までの累計で371万3千台が販売され、昨年は350万台が販売されました。 今期はあと1四半期で500万台の見通しを達成する見込みです。

 そして、新エネルギー車の保有台数は1,149万台に達し、国内自動車保有台数の4%に迫る勢いです。

 これほど多くの新エネルギー自動車がどのように市場に流通させ、そして、どのように最終消費者の人々の家庭に入り込んだのでしょうか? それは、販売店が運営する「4S」ショップで販売されているのでしょうか? それとも、メーカーが運営する体験型デリバリーセンターで販売されているのでしょうか?

 1999年3月26日、広州汽車本田で国産初のホンダ「アコード」が生産ラインから搬出されました。 同日に、広州汽車貿易有限公司の「4S」1号店がオープンし、国産初のホンダ「アコード」が販売されました。 これにより、中国本土で初めて「4S」と呼ばれる自動車販売・サービスモデルが誕生したのです。

 では、4Sショップとはどのようなものなのでしょうか。車両販売、スペアパーツ、アフターサービス、情報フィードバックサーベイを含む「4in1」の自動車フランチャイズモデルで、英語の頭文字を取って「4S」("4S"は"Sale、Sparepart、Service、Survey"の略称、"4S-Authorized car dealership"の意味)ショップと呼ばれるものです。

 その後、「4S」販売モデルは急速に中国の自動車流通の主流となり、ピーク時には、不完全な統計によると、「4S」ショップは4万店以上、従業員数は数千万人にのぼったという。

 「4S」ショップの多くは、社会資本や社会的企業がメーカーの認可を受けて運営しているため、「4S」マーケティングモデルはエージェンシーモデルとも呼ばれています。

 時のトンネルが2010年に入ると、電気自動車が登場し始め、2014年には「アゼラ」、2015年には「小鵬」「理想」が誕生し、テスラの中国進出と、新しい車づくり勢力が国内の自動車産業と市場をかき回していました。

 新勢力の自動車メーカーがインターネット技術を加えて、日々、新エネルギー車の技術強化を図っているだけではありません。 また、体験・配送センターを1都市に1つだけ作るというマーケティングモデルを導入し、全国に販売網を広げる代理店モデルをやめ、メーカー直営の販売モデルを採用していました。

 新勢力の自動車メーカーが「4S」ショップ代理店モデルを取らずに直販店モデルを取っています。その理由は、まず、投資した資金は主に車両の研究開発と生産、品質管理に使われ、数千万円もする「4S」ショップの建設や、ブランドのプロモーションに多額の資金を投じることはないで済むことです。 第二に、EVのメーカーは直接、様々なビッグデータを蓄積し、消費者が誰であるか、どこにいるか、 何を求めているかを明確に分析理解することで、市場のダイナミクスを把握する必要があります。すべてのEV新製品開発は、市場の需要に密接に関連して行われています。 販売店をまたいで活動する必要がなくなると、ディーラー経由の「間接的」な情報しか得られない状況からも脱出できます。その結果、中国の自動車流通市場では、代理店モデルと直販モデルの2つのマーケティングモデルが出現しています。

 国内自動車市場の売れ筋上位20社の1〜8月の販売台数を少し比較してみました。 上位20社の生産・販売台数は2,603,480台で、このうち直販モデルが629,424台、代理店モデルが1,974,056台であった。 現状だけでも直販スタイルが3分の1のシェアを占めており、その流通システムへの影響やインパクトは侮れません。

 しかし、現在の新車メーカーの完成品納入台数は、テスラを除いて月1万台程度であり、直販モデルがいつまで続くのかという疑問は常にあります。 これらの新車メーカーが月に10万台を納車する時、1都市ただ一つの体験交付センターで対応できるのでしょうか。

 直販モデルを採用する新車メーカーが、全国に独自の直販網を構築する場合、どれだけの設備投資と人的・物的コストの負荷がかかりますか。

 一部のアナリストは、コカ・コーラがただおいしい飲料を生産するだけ、販売はすべてウォルマートへ任せても、コカ・コーラがうまく販売されているのではないでしょうかと直販モデルを批判しています。

 新エネルギー車は代理店モデルで売るべきか? それとも直販店で売るべきでしょうか? 11月3日午後には、珠海にさまざまなメーカー、ディーラー、サービス関係者を招き、新エネルギー車流通システムの構築について、オープンで率直な意見交換を行う予定です。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page