top of page

【10月1日 おはよう, 北京】

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載、原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳、ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。

 せっかくの国慶節連休なのに、ちょっと霞んでしまいますね、休日の気分は盛り上がらないのでしょうか?

 北京、霞んでいる、最高気温26度、最低気温18度、大気質予報指数186、大気汚染されています。

 まずは、兄弟姉妹友人の皆さん、国慶節おめでとうございます。

 昨日アウェーで行われた女子バスケットボール中国代表は、開催国のオーストラリア女子代表を61:59の2点差で下し、女子バスケットボールワールドカップの決勝トーナメント進出を決めました!

 女子の卓球とバドミントンは、国際大会でいち早く登場し、圧倒的な成績を収め続けています。女子バレーボールチームが世界の表彰台に立ったとき、私たちの青春時代と重なり、歓声をあげ、感動の涙を流したのです。試合の勝ち負けの喜びだけでなく、それは努力する周りの人たちが豊富な食事、さまざまな服装などを手に入れ、エネルギー溢れて、理想を見つけたときの感動でした。

 そして、女子サッカーがアジアを席巻し、一時はワールドカップで準優勝、オリンピックでも準優勝となり、女子サッカーチームの勝利が再び国の躍進の原動力となったのです。

 サッカー、バレーボール、バスケットボールは全勝となればオールマイティと言われ、女子バレーボールもサッカーも世界の第一線に躍り出たのに、女子バスケットボールだけが足踏みしているようで、輝きがないのです。

 実際、女子バスケットボールはアジアカップで11回優勝しており、アジアでは常に好成績を残していました。 ある年、シンガポールで韓国と優勝を争うために決勝に進出したのを覚えています。 韓国チームのディフェンスキャップが中国選手の顔面に当たるなど、極めて拮抗した試合展開となり、中国選手は動きを止めずにバスケットを続け、最終的に優勝を獲得したのです。

 女子バスケットボールチームも世界選手権で準優勝したことがありますが、それは28年前のことで、その時の主役は現在の女子バスケットボールチームのヘッドコーチである鄭薇さんでした。

 昔、中国代表チームが国外の大会に参加すると、現場で中国チームのために旗を振る同胞ファンはほんの一握りで、私自身はかつて、3人の同胞対1万人の相手チームのファンで応援する光景を経験したことがあります。 昨日を見てください。ホームゲームはオーストラリアのシドニーで行われ、スタジアムは熱狂的な同胞で埋め尽くされ、アウェイゲームがホームゲームに変わったような光景でした。

 今日の午後、中国女子バスケットボールチームは、ワールドカップの王座をかけてアメリカ女子バスケットボールチームと対戦します。 個人的には、もう結果はどうでもよくて、女子バスケの子たちが、素晴らしい精神力と優れたバスケットボール技術を発揮して頑張ったこと、それで十分じゃないかな、と思ったんです。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page