top of page

【7月10日 おはよう, 北京】

更新日:2022年7月20日

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 曇り、朝霧、小雨。

 北京、小雨、最高気温30度、最低気温20度、空気質指数22、大気質良好。

 安倍首相暗殺の話の続きですが、昨日、犯人の山上徹也容疑者の話になったとき、彼の服装がシンプルだという表現がありました。 案の定、彼は失業しただけでなく、家も破産してしまった。

 日本の報道によると、彼の母親は特定の宗教団体に属しており、その宗教への執着が原因で彼の家庭は崩壊してしまったという。 山上徹也も母親に引きずられてその宗教団体に入り、そのことに腹を立てて、よく母親と口論をしていた。 山上容疑者の観察によれば、安倍さんはグループのサポートまで? その証拠に、一緒に写っている写真もあります。

 そこで、山上徹也は、自分の家族が滅びかけた原因は安倍さんにあると自分で決めつけ、憎しみを晴らすために安倍さんを殺害した。 日本の世論による事前分析によると、安倍首相への主観的な恨みが山上徹也暗殺の主な動機になった?

 安倍首相の退陣に伴い、日本の政局にどのような影響が出るか分析されています。 特に注目されるのは、安倍首相と現首相の岸田文雄氏との関係で、岸田氏は常に安倍首相の影響下から抜け出し、結果的に自分のやりたいようにやれると思われているのではないか?

 実際、岸田文雄は安倍内閣の閣僚を務めているが、安倍の旗の下で生きているようなものだ。 しかし、首相に就任すると、安倍首相とは異なる政治・経済戦略を採用した。 安倍首相が経済発展を目指すのに対し、岸田文雄氏は貧富の差をこれ以上広げないために、国民所得の分配をバランスさせることに重きを置いている。

 安倍首相を殺害した山上徹也は、その苦境の理由はともかく、貧富の差の犠牲者である。 実家が裕福でなかったことが、安倍首相を恨む最大の理由だった。 主観的な意志が強すぎて、極端な行動に出てしまったのかもしれませんが。

 しかし、別の見方をすれば、現在の岸田文雄首相が所得分配を重視していることは、今の日本にとって賢明なことなのかもしれませんね。 もし、山上徹也たちに社会福祉をタイムリーに提供できていたら、山上徹也はあのような自暴自棄な行動に出ただろうか?


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page