top of page

【7月9日 おはよう, 北京】

更新日:2022年7月20日

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 夜明け、青い空と白い雲。

 北京、晴れ、最高気温34度、最低気温23度、空気質指数35、大気質良好。

 現地時間の昨日午前11時半頃、参院選の選挙活動中で、奈良大和西大路駅前で演説をしていた日本の安倍晋三元首相は、突然後ろから銃撃され、1発目の銃声が鳴り響き、安倍元首相自身が後ろを振り返ると、2発目が鳴り響き安倍首相が地面に倒れ込んだ。

 すぐにヘリコプターで奈良県立病院に搬送され、蘇生処置を受けたが、2発目が心臓に命中し、医師は止血することができなかった。 安倍元首相は現地時間17時頃、67歳での死亡が確認され、7月12日に葬儀が執り行われる予定です。

 山上徹也容疑者は、41歳、現在無職、元海軍自衛官。 極めてシンプルな装いの山上徹也は、安倍元首相の「態度」が気に入らないという理由だけで、安倍元首相を殺そうとしていたのだ。

 山上徹也が手製の拳銃を使った疑いがある? 銃身がカメラの望遠レンズに似ているため、銃を構えて安倍元首相を狙ったところ、写真を撮っていると誤解されたのだ。

 安倍元首相は元首相ということもあり、セキュリティレベルは高くはない。 旅行には女性警備員1名だけが同行し、奈良県警が周辺警備にあたったという。

 日本で最後に政治家が暗殺されたのは1960年で、たまたま安倍元首相の祖父である岸信介が暗殺されたが、太ももを切られた程度であった。 その62年後、岸信介の孫が再び撃たれることになるとは、知るよしもなかった。

 60年間、日本は高度な経済発展を遂げ、国民は平和で安全に暮らし、政治家が襲われることもほとんどなかった。 そのため、不満を持つ山上徹也は、簡単に安倍元首相に近づき、銃を構えて撃つことさえできた。

 安倍晋三は、母方の祖父の兄弟がともに閣僚を務めた日本有数の政界の家系に生まれた。 安倍元首相は、東京と京都の政治的中心地である早稲田大学や慶応大学には進学しなかったが、南カリフォルニア大学には留学している。

 初当選した小泉純一郎氏が5年連続で靖国神社に参拝したことで、日中関係はほぼ歴史的な低水準に陥っていたが、小泉氏が首相に就任したことで、日中間の関係は大きく変化した。 安倍首相は就任早々、首相在任中は靖国神社に公式参拝しないことを表明し、日中関係を大きく改善、緩和させた。

 2度目の首相に選ばれたとき、彼はひどい日本経済を改善するために非常に努力した。 彼は、緩和的な金融政策を採用し、日本経済の戦後3度目の長期回復を実現させた。 また、地方経済の発展に努め、地方建設プロジェクトの承認プロセスを簡素化し、中央政府の予算を地方建設支援に充てることを開始した。 一般市民の前にひざまずき、その声に耳を傾けた。

 オバマ、トランプという異なる政党の両大統領と親密かつ良好な関係を保ち、オバマを銀座に招いて寿司の神様が手で握った刺身のおにぎりを食べさせたりした。 ゴルフのハプニングと鋭い前転に付き合ったトランプは、「体操の練習をしたことがあるか」と揶揄? ロシアから原油や天然ガスを輸入するためにプーチンとの対話を維持した。 鉄の男に感動したプーチン氏は、第二次世界大戦中にロシアが占領した日本の北方四島のうち、最初の二島を日本に返還することを約束した。 慰安婦問題で韓国国民に感謝された。

 これまでにも何度か中国を訪問し、国際会議の場で中国の指導者と何度も握手をしている。 李克強首相に同行し、トヨタが開発した水素エネルギー自動車を視察するため、北海道札幌市近郊を訪れた。 杭州で開催されたG20に出席した際には、掃除のおばちゃんに直筆のメッセージを残して感謝の気持ちを伝え、2020年に日本を襲った新冠の流行で政府が住民への補助金を決めた際には、日本国籍を持つ住民にのみ補助金を出すべきとの意見も出されたそうです。 しかし、安倍首相は、日本に住むすべての人に与えることを主張した。 日本在住の中国人留学生や、日本に一時的に滞在しているさまざまな国の人たちを対象としています。

 安倍首相は、内外の調和と順調な政治・経済活動により、日本の歴史上最も長く首相を務めた。

 安倍首相は、憲法改正を唱え、自衛隊の海外派遣の許可を求めるなど、右寄りの政治家であったことは否定できない。 また、森友学園の国家資産消失のスキャンダルにも夫妻は巻き込まれ、未だに国家と司法に対して明確な説明をしていない。

 しかし、このことは、安倍晋三が日本の歴史、ひいては世界の歴史に大きな影響を与えた傑出した政治家であろうことを否定するものではありません。 平和を追求する彼の経済発展は、記念碑的な積み重ねとなるだろう。 白昼堂々の射殺は、民主主義を踏みにじる野蛮な行為だ。

 安倍晋三の壮絶な人生を客観的、合理的、公正に評価すべきであり、彼の失脚を祝うことは、人類の文明的進歩に対する屈辱と中傷としか思えない。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page