top of page

【7月11日 おはよう, 北京】

更新日:2022年7月20日

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 金色の朝日、白い雲、青い空。

 北京、晴れ、最高気温29度、最低気温20度、空気質指数30、大気質良好。

 南アジアのある島国の国民は、指導者のオフィスを襲撃、指導者がスーツケースを持って船に逃げ込み、その国が破綻した。 以前、南欧諸国の破綻を目の当たりにし、人々も街に溢れた。 実際、南アジアの島国は、東アジアの友好国から、真新しいデジタル海港の建設など、多くの援助を受けている。 もちろんそれは前政権時代のことで、新政権になってからまだ数年しか経っていないのに、なぜかこんなにひどい運営になってしまったのか?

 中国の中原地域である系列金融機関が相次いで破綻し、預金者が預金回収のために集まるという事態が発生した。 警察では、本格的な捜査手続きを開始し、その結果の一部を公表するとの通達を発表しました。 願わくば、今からでも遅くないので、預金者に明確な説明をしてほしい。 損失をどう補填するかが、この問題の鍵だろう。

 ところで、自動車流通の分野では、フォーラムを開催したり、新しいメディアに記事を掲載したりと、大規模かつあらゆる角度から新しい状況下でのディーラーのあり方を模索し始めている。

 新エネルギー車は、電気自動車メーカーが直接市場と向き合い、中間的なつながりをすべて断ち切ろうとする、新しいマーケティングモデルをもたらします。 これにより、これまで自動車販売、リベート、ファイナンス、アフターサービスなどで大きな利益を上げていたディーラーは行き場を失ってしまった。 自動車販売チェーンから生まれたバリューチェーンの利益連鎖が消滅するかもしれない? 新しいバリューチェーンの利益連鎖はどこにあるのか?

 新エネルギー車の販売は、車や部品を売ることから、データや情報、サービスを売ること、さらには新しいライフスタイルを提案することへと変化しています。 つまり、新エネルギー車に関連するサービスは、すべてディーラーが参加できる新分野であり、生まれ変わることもできるのではないでしょうか?

 ちょうどこの6月、新エネルギー車の全国生産・販売台数は60万台に迫り、自動車生産・販売台数の4分の1を占めた。 燃料車の生産・販売台数は、まだ4分の3に近い。 おそらく、短期的には燃料車や代理店モデルが消えることはないだろうから、販売店にとっては選択肢を探ることを考える機会が残されているのだろう。 何十年も前から市場に参入し、その名を轟かせてきた販売店には、生き残りと発展に適した革新的な道が見つかると信じています。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page