top of page

【7月4日 おはよう, 北京】

更新日:2022年7月20日

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。


 雨雲、朝霧、蒸し暑い。

 北京、曇り、最高気温29度、最低気温23度、空気質指数30、大気質良好。

 昨日、丸3ヶ月間会っていなかった幼なじみたちとの月例会がようやく実現しました。 彼らの多くは家庭内隔離を経験し、その結果、皆が白く太った。 もちろん、誰も喜んではくれない。

 今朝は早めのフライトで厦門へ。 北京北部の牡丹園から南部の大興の南宮まで、初めて地下鉄19号線に乗りました。 牡丹園からは6駅20分で草橋に到着し、そこから大興空港線に乗り換えて約15分で大興空港に到着するので、北京の北部から大興空港までの距離を大幅に短縮することができました。

 厦門への出張は、業績トップの大手自動車ディーラーグループと、新エネルギー車が自動車流通市場に与える打撃・影響にどう向き合うかを論議するためです。直販モデルが隆盛を極め、代理店モデルが衰退していく中で、伝統あるディーラーが生き残る道をどう見出すか。 セールスチェーンからバリューチェーンへ、モノの売買からデータやサービスの売買まで、ディーラーの利益はどこにあるのか?

 厦門のこのディーラーグループは、従来の燃料車、特に高級高級車の販売で今も利益を上げています。

 しかし、新エネルギー車とそれがもたらす直販モデルは、従来の販売チェーンやプロフィットチェーンに少しずつ影響を与えつつあります。 どうすればいいのか? そのため、販売店には事前の計画が欠かせません。 危機感を持った議論になりそうですが、どのような変化であれ、自動車流通部門はチャレンジし、チャンスを探さなければなりません。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page