top of page

【7月6日 おはよう, 北京】

更新日:2022年7月20日

北京稲門会&中国校友会章弘さん(政研90)のWeChatから転載, 原文は中国語版、日本語はDeepLによる自動翻訳,ここでのブログ掲載は本人の同意を得ている。



 曇りのち雨、涼しい風が吹いている。

 北京、小雨、最高気温29度、最低気温22度、予報指数20、大気質良好。

 昨日、厦門のポルシェ4Sショップを訪れましたが、正直なところ、超高級スポーツカーの都心のショールームに足を踏み入れるのは生まれて初めてでした。

 総面積600平方メートルのスペースは、長方形で行き止まりのない、すべてオープンプランの空間です。 これには、お客様に対する商品のプレゼンテーションも含まれており、これも展示されています。 このカフェは「ラグジュアリーワールド」と呼ばれ、コーヒーだけでなく、福建省の特産品であるお茶も提供されています。

 全体の色調も、黒を基調とした冷たいメタリック調から、温かみのあるクリーム系を含むミックスカラーに変更しました。 お客様が自宅にいるような感覚を得られるようなデザインを目指しました。

 ショールームの目立つ場所には電気スポーツカーが展示されており(図7 図8)、ポルシェのプロダクトチェーンには徐々にパワーセルが導入され始めている。

 この店の総支配人であるトニー氏は、EU諸国が燃料車の生産を全面的に禁止する2035年までに、ポルシェの全モデルもパワーセルモデルに転換していると教えてくれた。

 トニー氏によると、これまでポルシェのマーケティングモデルは代理店主義を貫いており、ポルシェ中国はポルシェのフランチャイズにポルシェモデルの販売を委託しているとのことです。

 今後、新しい電気自動車が登場しても、ポルシェ本社は代理店販売モデルを変えないと約束している。

 しかし、トニー氏はそれに甘んじることなく、新車メーカーを中心とした直販モデルの再導入を強く懸念しており、業界に与える影響の大きさを懸念している。 マーケティング効果を透明化するだけでなく、すべてメーカー自身の財布に還元するメーカー直販は、ディーラーの利益連鎖に大きな課題をもたらすことを強く意識しているのである。

 さらに、燃料電池車メーカーも1〜2モデルで直販モデルを試すなど、販売店にとっては戦々恐々としている状況も探った。

 しかし、メーカーがオンラインで顧客と取引することは透明で便利なのですが、直販モデルの痛みも一緒に探ったのです。 しかし、これは結局のところ、少なくない金額を費やすことになるのですが、メーカーのサービスはどこで紹介されるのでしょうか? 1都市に1つの配送体験センターで、自動車の年間生産・販売台数が100万台を超える規模になったとき、そのような多くのお客様やさまざまなサービスに対する需要に対応できるのだろうか。 アフターサービスを享受するために、人々は都市のあらゆる場所から数少ない配送センターまで遠回りしなければならないのだろうか。 お客様との関係維持や車好きのイベントの開催などは、メーカーの担当者でも実施できないことはないが、対応する人手が大幅に不足するのだろうか。

 一方、現在の4S店は、適時・適所・適材を持ち、膨大で正確な顧客資源を持ち、顧客と兄弟・家族のような親密さが長年にわたって確立されている。 このようなリソースの優位性は、オンライン・コミュニケーションに取って代わられないのでは?

 販売店の手元にあるリソースを、いかにして変革のアドバンテージに変えていくか。 直販モデルのペインポイントを、ディーラーのサービス機会の成長ポイントにするにはどうすればいいか? これは、自動車の流通システムが直視し、議論すべき深い命題です。


www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page